最大520万円の補助!2018年度新見市空き家活用推進補助金のご紹介

2018年度新見市空き家活用推進補助金

※最大520万円の補助というのは、すべての補助を合算した場合の金額です。詳しくは本文で解説しますね。

移住を考える上で大きなポイントは「どんな家にどうやって住むか」ということ。

特に田舎への移住となると、住居として「空き家」を考える人が多いと思います。空き家バンクや不動産屋さんで手頃な空き家物件を見つけ、都心部ではできなかった暮らしを!

家庭菜園をしたり、広い子ども部屋をつくってあげたり、週末には遊びに来た友人を泊めてあげたりしたいなぁ~なんて、いろいろな夢が膨らみますよね!

ただ、その「空き家」は、すぐに住めない状態であることが多いことをご存知でしょうか?
もちろん、直前まで人が住んでおり、家の中もキレイに整理して空き家バンクなどに登録する所有者さんもいらっしゃいます。ただ、ほとんどの場合は、入居前に、もともとあった家具や雑貨類を整理したり、家の床や水回りを修理する必要があるのが実状です。

空き家イメージ

田舎で新しい暮らしをスタートさせたいのに、空き家に関する経費がまかないきれず移住計画が立てられない、、、、

そんな人たちを応援するため、新見市では、移住希望者さんなどが市内空き家の「購入」「改修」「家財整理」を行う場合、その経費の一部を補助する「空き家活用推進事業補助金」制度を用意しています。

今回は、その詳細についてQ&A形式で解説していきたいと思います。

Q1.「空き家活用推進事業補助金ってなに

新見市の「空き家活用推進事業補助金」は、移住者・定住者の確保を図るという目的で、空き家の「購入」「改修」「家財整理」にかかる経費の不足を補えるように、補助する金銭のことです。

小難しくきこえてしまいますが、要は、新見市に住んでみたい!ずっと暮らしたい!という人を増やしていくために、少しでも住みやすい家で思い描いた新見暮らしが送れるよう、市もサポートしますよ!というお金です。

Q2. 何にどのくらい支払われる?

2018年度の新見市では、

  • 空き家を「購入」することに対して、その購入金額の3分の1(補助限度額200万円)
  • 空き家の設備を「改修」することに対して、その工事金額の2分の1(補助限度額300万円)
  • 空き家の家屋内に残された「家財整理」をことに対して、その処分にかかる経費の3分の2(補助限度額20万円)

が交付されます。

つまり、空き家を購入して、家の中を片付け、住みやすいように改修することに対して、最大で520万円が、交付されることになります。

これは、移住希望者さんにとって、心強い味方となる制度!
実際に、新見市へ移住してきた方の多くがこの制度を使われています。

※上記補助金を交付されるには条件がございます。Q3、Q4も必ずご確認ください。

Q3. だれでも利用できる?

条件を満たせば、どなたでも申請をすることができます。

また、空き家を使いたい人(使用者)だけではなく、空き家の持ち主(所有者)も申請をすることができます!詳細は、下記の表をご覧ください。

補助対象者
空き家改修補助金対象者

移住前の人だけではなく、一旦新見市に移住し、最初はアパートなどの借家に住んでいたけれど、いい物件が見つかったので購入するというパターンの人も補助対象者です。

ただし、転入日から3年経過していないことが条件です。転入日(市役所へ転入手続きをした日)は、メモなどに残しておくなどして、申請を考える時にすぐにリミットを逆算できるようにしておくと、あとから役立つかもしれませんね!

Q4.「購入」「改修」「家財整理」であれば、何度も使える?

いいえ、補助金を利用できるのは、「同一申請者」または「同一物件」に対し、1回限りです。
つまり、1人1つの物件に対して1回だけしか使えないということです。

また、申請時点に空き家使用者が決定していることや、補助金交付決定後に工事に着手して、申請した年度内に実績報告書が提出できることなど、いろいろと条件があります。下記に一覧でまとめてみましたので、どうご確認ください。

補助対象事業、補助率および補助限度額
空き家改修補助金詳細

 

また、「改修」は、全ての工事が補助対象となるわけではありません。

補助対象となる改修等の例
空き家改修補助金具体例

屋根、床、壁、トイレなど住環境を整えるためのリフォームは対象内ですが、
家具、照明器具やカーテン・ブラインドの設置等の装飾要素があるものに関しては対象外です。
また、家の中に関しては対象内ですが、屋外に関しては対象外となります。
そして、増改築も対象外となりますのでご注意ください。

※実際に申請をする際には、最初に具体例をもって市役所の担当者に相談し、対象工事となるかどうかご確認ください。

Q5. 申請したら必ず補助金が交付される?

いいえ、Q3とQ4で回答したように、補助対象には条件があります。申請後、条件に満たないと判断された場合は、補助金の交付を受けられません。

また、この補助金の交付を受けた申請者が、下記のいずれかに該当するときは、すでに交付した補助金の全部又は一部を返還することになりますので、ご注意ください。

  • 補助金の交付を受けた日から5年以内に、特段の理由なく市外へ転居した(させた)とき。
  • 補助金の交付を受けた日から5年以内に、購入した空き家を売却・譲渡したとき。
  • 不正な手段により補助金の交付を受けた事実が判明したとき。

ただ、予め相談してきちんと準備をしていけば、このような事態は防げます。実際に申請を検討する際には、必ず市役所にお問い合わせください!

【問い合わせ先】
新見市役所 企画政策課
TEL:0867-72-6114
FAX:0867-72-6243
Mail:kikaku@city.niimi.okayama.jp

申請に必要な書類や申請の流れに関してはこちらの記事をご確認ください。

補助金申請って難しい?【空き家活用推進補助金】申請の流れと必要書類

注意点

工事、支払いが完了してから補助金が交付されます。

先にもらえるわけではなく、一度支払い等が完了し、事業として完結したものに対しての交付になります。あくまでも実績ベースということを頭に入れておいてくださいね!

年度事業です。年度をまたぐような工事は要注意!

工事をはじめたのが年度内であっても、完成して報告するのが翌年度になると、事業が年度内に収まっていないので、補助対象外となってしまいます。年度末の時期に申請をご検討の場合は、よくよく確認してください。(特に年度末は業者さんも忙しい時期なので、工事のスケジュールを組んでもらえるかもポイントです!)
また、2019年度には事業内容が変更になる可能性もあります。1年以上先の移住を考えている方は、随時最新情報をチェックし、計画を練ることをオススメします。

改修業者や家財整理をしてもらう業者は新見市の業者さんでないといけません!

新しい土地へ引っ越してきてすぐ、または、移住前に通いながら業者さんを探すのは一苦労だと思います。新見市移住交流支援センターでは、できる限りみなさんのお悩みを解決できるようにとサポート体制を整えておりますので、なにか困りごとがありましたら、お気軽にご相談くださいね!

新見市移住交流支援センターの詳細はこちらなります。

新見市移住交流支援センター 〜 YUNOSHOW〜

 

まとめ

ここまで空き家に対する制度が充実しているという点でお気づきになる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、即入居ができ、初期費用がかからない空き家物件はほとんどありません。自己資金をある程度準備する必要があるのが現実です。

だからこそ、Iターン、Jターン、Uターン等で移住される方にとって新見が住みやすい場所となるように「空き家活用推進事業補助金」を設けています!
制度を上手に使いながら、新たな暮らしをはじめてみるのはいかがでしょうか?

 

空き家活用推進事業補助金につて新見市WEBサイトのページはこちらになります。
https://www.city.niimi.okayama.jp/gyosei/gyosei_detail/index/35.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です