田舎ごはんー地産地消のある暮らしー

2019年10月のニミログのテーマは「田舎ごはん」。

収穫の秋!

わたしたちの食卓が豊かになる時期ですよね。
野菜から家畜まで、食べ物をたくさん生産している田舎ですが、特に野菜作りをしている家々がとても多いように感じます。

現在は流通の早さによって、いつでも新鮮な野菜を食べられるようになりましたが、旬の新鮮野菜をその時その場所で食べる方が、作った人の想いも伝わりやすく断然美味しいと思うスタッフ。

そんな田舎暮らしの食卓を色々な角度からご紹介しています。

 

10月5日公開

地産地消、フードマイレージ、スローフード。〜ニミログライターの考える「これからのご飯」〜

 

安心安全な食べ物を食べたい!地球環境に負荷を与えないようにしたい!
田舎暮らしを考える人であれば、あるほどそんな想いがあるはず。
そんな漠然としたイメージから「これからのご飯」について一緒に考えます。

 

10月10日公開

元気の源!おばあちゃんの食卓 〜自給自足のある暮らし〜

おばあちゃんといえば、野菜作りの天才!?

田舎の大半は大なり小なり畑がある家がたくさん。自分が大事に育てた野菜が大きくなり、それが食卓へ並ぶ。そんな自給自足で美味しい料理が並ぶ田舎の食卓をご紹介します。

 

10月15日公開

おばあちゃんレシピ〜あずきと栗の炊き込みご飯・季節野菜と鶏肉の煮物〜

田舎のおばあちゃんだからこそ作れる、ホッとする味ってありますよね。
高級レストランや異国の料理とは違う、なんだか心があったかくなるようなお料理。
旬の野菜を使ったおばあちゃんレシピをご紹介します。

10月20日公開

朝採り野菜を直売所へ!地元農家さんへインタビュー

野菜の直売所(産直市)へ行くと並ぶ、生産者の名前シールが付いた野菜たち。
でも、実際どんな人がどうやって生産しているの、、、?!
その地域に住んでいないと実際にはわからない生産者さんの様子など、直売所に出荷をしている地元農家さんにお話を伺ってみました!

 

10月25日公開

畑で季節の野菜を作りながら田舎暮らし 上下水道完備の大佐の家(No.88大佐永富)

7DKの広い間取りに納屋付きの古ながらの家のご紹介記事。
畑で作る野菜から、季節の移り変わりを感じられます。
家庭菜園をしながら田舎暮らしをしてみたい方、ぜひ当物件をチェックしてみてくださいね!

 

10月30日公開

そばの里と知られる草間。地元産の手打ちそばを提供する「そば道場田舎屋」

地元で採れたそばを「挽きたて」「打ちたて」「ゆがきたて」で提供しているお蕎麦屋さん。
お米も新見産の地産地消のお店。
新見を五感で感じられる、美味しいお蕎麦をいかがですか?

 

後記

私自身も素人ながら、小さな家庭菜園をしています。まだまだ修行中の身ですが、自分で育てた野菜はやっぱり美味しい!と自画自賛。

今回、家庭菜園から本格的に農業をしている人など、色々な方に話を伺いましたが、共通しているのは美味しいものを提供して、喜んでもらいたいという想いから、美味しい食卓へと繋がっているのかもしれませんね。

生産者と消費者が繋がりやすいのが、田舎のいいところです。

そんな田舎暮らしの食卓のあり方を体感したい方、新見市のことをもっと知りたい方、ぜひこちらから資料請求を。

みなさんからのお問い合わせお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です