雪のシーズンがすぐそこに!新見暮らしの冬支度とは?

冬支度

今年も残すところ1ヶ月を切りました。

日に日に寒さが増してくる新見市。子供も大人もいつ雪が降るのかとソワソワとしながら、過ごしている事と思います。

雪が多い地域に住む子供たちにとっても、そこはワクワク。積雪を待ちわびる日々かもしれません。

しかし、大人にとっての雪は生活をする上ではとても厄介な存在、、、そんな雪降る新見市の冬支度についてお話ししたいと思います。

ちなみに冬支度とは、冬を迎える準備をすることで、特に衣類や暖房器具のことを指すようです。冒頭の写真はそんな冬支度のイメージで、ウール素材や暖色系の衣類など、都会時代の冬支度を思い出しましたが、果たして新見の冬支度はいかに(笑


旧高瀬スキー場

新見市は、岡山県の北西部に位置し冬は気温が低く、山間部では雪が積もりスキーなどが楽しめます。冬の新見市は寒いため、市街地でも氷点下になることも連日のようにあります。ですので、道は雪がなくても凍結している事があるため、冬の車のタイヤはスタッドレスが必需品となります。

交換の時期は住む場所にもよりますが、12月入って間もない方もいれば、天気予報で雪のマークが出てから急いで交換する方がいたりと様々です。しかし、早く替えてしまうとタイヤがすり減ってもったいないと思ってしまうので、大半の方が後者かもしれませんね。私もその後者に当てはまるかもしれません(汗

雪国の生活に慣れてしまうと、安全の保険よりもタイヤの消耗を気にしてしまうのです。

また、便利グッズとして車のフロントガラスや天井に積もった雪を下ろす道具と解氷スプレーを車に積んでおくことをオススメします。以前、天井に雪を乗せたまま走行していたら、ブレーキを踏んだ時に天井から雪の塊がフロントガラスに滑り落ちてきて、視界を遮り怖い思いをしました(汗

さて、新見に移住をお考えの方の中には、昔ならではの古民家に良さを感じる方も多いのではないでしょうか。

あまり知られていないことですが、雪深い地域の古民家では雪シーズンが到来するまでに一仕事があります。

それはつっかえ棒です。

降り始めはふわふわの雪も積もれば想像以上に重みを増し、家などを押しつぶす恐れがあります。そのため、重みで屋根が壊れないように軒下につっかえ棒をして対策をするのです。

我が家も雪深い地域に住んでおり昔ながらの家なので、12月の初旬にするこの一仕事がとても大切です。それでも多くの雪が積もった時は、重みで家の襖が動かなくなったりもします(笑

場所によっては、雪降るシーズンは毎日が雪との格闘。
朝目覚めるとすぐに雪かきという重労働が待っています。そのためにも今から、雪かきの道具を揃えておくのが必須です!以前、突然の大雪に見舞われた時にはスコップが売り切れで手に入らなかったこともありましたから。

いかがでしたか?
新見市に限らず、雪降る地域には必要な冬支度。

現在、新見市の主要道路には、塩まきマシーンや道路の道しるべとなるスノーポールの設置が着々と進められています。

自宅でもいつでも対応できるよう早め早めの準備が安心ですね。

雪は厄介なものだと思われがちですが、それはそれでとても生活に便利な一面もあります。それはまた、別の記事で紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です