DIYで理想の暮らしに!?作業ガレージ付きの大きなお家

新見市千屋空き家バンク物件

新見市千屋地区。

和牛のルーツと言われている、新見市を代表するA級グルメ「千屋牛」の名前の由来になっている千屋地区。
当物件は、新見市街地から国道180号線を鳥取県方面へ車で20分ほどのところにあります。

千屋地区ってどんなところ?

新見市全体地図

新見市の北部に位置する千屋地区

千屋地区は、新見市の北部にあり、岡山県と鳥取県の県境に位置する地区で、山間部を縦にいくつかの集落が続くエリアです。
気候に関しては、夏は冷涼で過ごしやすく、冬は積雪というエリアで、集落によって雪の量は違いますが、全体的に雪の量が多い地区です。
千屋地区には、その気候を活かした「いぶきの里スキー場」が千屋にはあり、冬季はスキー客でとても賑わいます。
また、お試し暮らし制度としても利用することのできる宿泊施設「いぶきの里」も併設しており、年中を通して温泉やレジャーを楽しむことができます。

そして、千屋地区には「千屋振興会」という住民自治組織があり、新見市内では唯一、空き家対策・移住者支援を地域民主導で行なっています。
移住者にとって地域の方が移住者を受け入れてくれるかどうかは、とても気になるところ。
地域の人たちが主体的に、空き家の案内などを行なってくれるのはとても力強いですよね。
その活動もあって、千屋地区には先輩移住者もたくさんおられますので、移住しやすい地区と言ってもおかしくありません。

学校に関しては、小学校は地区内に千屋小学校があります。中学校は新見市内の中学校まで通うことになりますが、スクールバスが出ていますので、登下校は安心ですよ。

昔ながらの外観ながら、築年数は25年と新しい!南向きの日当たり良しの良好物件

物件正面写真

物件正面からの写真

当物件は、築年数が25年と比較的新しく、建物の状態がいいので即入居も可能な物件です。
間取りは、和8洋1室の9SDKという田舎ならではのとても広い2階建てです。

日中は、母屋の縁側に日が入る南向きなので、縁側で日向ぼっこしながら読書なんていう、優雅な休日が送れそうですよね。勝手に憧れてしまいます。

縁側に光が差し込む

縁側に光が差し込む

収納スペースには困らない!荷物の多い方にオススメの収納スペース

昔ながらの家づくりですので、当然ながら各部屋押入がついているため、収納に基本的に困りません。
ですが、更に2階には大きな収納部屋があります。
趣味で大きな機材などを沢山お持ちの方でも、十分困らない収納スペースとなっていますよ!

収納部屋

収納部屋写真

トイレに関しては、綺麗ではあるのですが、残念ながら汲み取りですので、気になる方はリフォームをオススメいたします。

トイレ写真

トイレの写真(2F)

 母屋の横にはDIY作業にぴったりなガレージ付き!

当物件は、母屋のほかに、作業部屋兼車庫のガレージがあります。
作業部屋は、持ち主の方が以前木工作業で使われていたそうです。
作業するには十分な広さがあり、趣味で家具を作るもよし、がっつり木工品を作るもよしの趣味でもナリワイでも使えるとてもいい空間です。
もちろん、そのほかにも色々なことができそうな広い空間ですので、あなただけの田舎暮らしが実現できますよ。

作業部屋兼ガレージ

作業部屋中の様子写真

まとめ

この物件に住むにあたって、気になるのが冬の暮らしだと思います。
千屋地区は、新見市でも雪が多い地域の一つです。大雪が降った年は、春先まで雪が残っていたりもするくらい。それを聞くだけでもゾッとするかもしれませんが、あまり身構えないでください。
まずは、車の運転の心配が出てくるかと思いますが、主要道路は国道ですので、朝早くに除雪車が雪をかいてくれるので、通勤などには困りません。
ただし、急ブレーキ急発進は禁物ですよ。

あとは、屋根の雪で家が潰れないように冬支度をし、冬本番は自宅の敷地内の雪かきをするだけ。
これが良い運動になるので、冬の運動不足解消には持ってこいです。
当物件は、家から道路までの距離が短いですので、雪かきの距離もほとんどないので、そんなに辛いこともなく、あっという間に終わると思います。
そして、積もった雪は天然の冷蔵庫にも早変わり。
よく飲み物を雪に差し込んでいました。
私自身も、昔から雪深いところに住んでいるので雪とは長い付き合いしています。

雪深い地域と聞いて、躊躇する方もいるかもしれませんが、それは最初のシーズンだけです。雪がある暮らしもなかなか素敵ですよ。

ぜひ、移住者にとって住みやすい、千屋地区に移住してみませんか?

今回紹介した空き家情報

空き家バンクNO.83

 

もっと詳しく知りたいなどあれば、IJUセンターでご相談受け付けています。infoページよりお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です