何をはじめるかはあなた次第!元新聞屋さんの店舗兼住宅

空き家バンクNO.67

新見市井倉地区。

新見市街地から車で約15分、旧道沿いのJR井倉駅の前に当物件はあります。

井倉地区ってどんなところ?

井倉洞の写真

岡山県の観光名所でもある井倉洞  提供:岡山県

井倉地区は新見市南部にあり、新見市の観光地「井倉洞」があります。
井倉洞とは、井倉地区にある鍾乳洞のことで、洞内は年間を通して温度が15〜16℃と一定なので、夏は冷涼、冬は外気より暖かいということもあり、年間を通して人気の観光スポットとなっています。
鍾乳洞があることからも、周辺は石灰岩地質のカルスト台地となっており、洞外も圧巻の景観美で、秋の時期にはとてもきれいな紅葉も眺めることができます。
市街地からは少し離れていますが、新見市の南部エリアなので、岡山市や、倉敷市、その市町村からは訪れやすい位置にあり、日帰り観光の人も多く訪れているエリアです。

気候は、冬の積雪が少ないエリアなので、雪に不安のある方でも安心して過ごしていただけます。

買い物など生活の中心は、車で15分程度の新見の市街地ですが、倉敷市までも1時間程度で行きますので、街へのお買い物も気軽に行くことができます。
車で1時間と聞くと、「全然気軽じゃないよー」と感じるかもしれませんが、国道180号線をひたすらまっすぐ南下して行くだけで倉敷市に着きますので、運転ストレスがなく時間以上にあっという間に着いてしまいますよ。

そして、井倉地区から岡山空港までも1時間ほどで行けちゃいます。
関東圏から移住を考えている方でも、気軽に飛行機での帰省ができるのでオススメの地区ですよ。
プチ情報として、岡山空港には、無料の駐車場が完備されています。
長期で帰省した際でも、駐車料金がかからないのでお財布にも優しくていいですよね。

元新聞屋さん名残の土間を活かしてあなたらしい新スペースに!

土間写真

元商店スペースだった土間の写真

さて当物件の紹介です!
当物件は、もともと新聞屋さんだったこともあり、玄関とは別に入り口があり、開けると土間スペースが広がります。
このスペースは魅力的で、住む方のライフスタイルにあった空間にリノベーションができそうです。

バイクや自転車が好きな人などは、外から見えるガレージにしてしまって自慢の愛車を自慢できるスペースにしたり、
料理やお菓子作りが好きな人は、ちょっとしたカフェスペースなどにして井倉洞などに観光へ来た人に美味しい料理を振舞ったり、
駅前立地で観光地も近いので、ゲストハウスなどにして泊まってる人と地域の人たちが交流できるコミュニティスペースにしたり、
住む方のライフスタイルによって新たな空間に生まれ変わる、そんなワクワクするスペースがあります。

道路沿いでも洗濯物には困らない!2Fの広々バルコニー

バルコニー写真

日中に撮ったバルコニーの写真

道路沿いの物件だと、意外に困るのが洗濯物を干す場所。
外に干したいけど、道路から見えるところには干したくない。
リアルな話だと笑うかもしれませんが、世のお母さん達には重要な問題なんです。

そんな問題を、当物件は軽々と解決してくれます。2Fにとっても広いバルコニーがあるんです。
道路側から見ると、建物の部屋部分がブラインドとなってバルコニー自体は見えません。
写真で見る限理、陽当たりも良さそうなので、たくさんの洗濯物が一気に干せて、尚且つプライバシーも守られるので家事も捗りそうです。

 全体的にリフォームは必須。思い切ったリフォームで理想の田舎暮らしを始めよう!

当物件は、昭和48年築、間取りは6DKの木造2階建住宅で、築年数が古いため、壁、畳などに傷みが出ているほか、トイレも汲み取りで、その他の水周り環境も古くなっているなど、リフォームなしでの即入居は難しく、大幅なリフォームが必要になってきそうです。

ですが、まず水周りのリフォームだけ見て見ると、下水道への接続は可能となっているほか、水周りも一定の場所に固まって配置されているなど、間取り自体はリフォームしやすい間取りとなっています。
次に、そのほかの間取りを見ても、もともとビルドインガレージになっている点や各部屋の広さなど、生活するのに使いやすい間取りなので、家の間取り自体を変更するなどの大規模なリフォームまでは行かず、そのままの間取りを活かしたリフォームで十分素敵なお家になりそうですので、ある程度は費用を抑えてリフォームをすることができそうです。

とは言っても、全体的なリフォームになるので、個人で払うには結構な費用になると思います。
新見市には、「空き家活用推進事業補助金」という制度があり、新見市に移住する人が物件を購入・改修・家財整理するときに最大で500万円の補助をしてくれます。
もちろん、利用するには条件がありますが、条件をクリアすれば、これだけの手厚い支援をしてもらえるというのはとてもありがたい制度ですよね。

空き家活用制度などをうまく活用して、あなたならではの田舎暮らしをぜひ実現して見てください!

 

今回紹介した空き家情報

空き家バンクNO.67

 

もっと部屋の中の様子など詳細を知りたい方は、IJUセンターでご相談受け付けています。infoページよりお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です