主婦や子育てママでも活躍できる!在宅OKのライティングというお仕事

家にいながら、家事や子育てのスキマ時間で副業することができる!
全くの初心者でもはじめることのできる在宅ワークとは?

 

主婦の方々は家事に育児に忙しい日々を送っています。

核家族では、家事や子育ては夫婦で分担、中にはワンオペ育児をしながら全ての家事をこなしているママさんもおられます。子育てしながら家事をしていると、1日なんてあっという間、気づけばもう寝る時間、、、なんて話もよく耳にします。
しかし、ある程度子どもが成長してくると、働きに出かけることを検討するママさんもおられるかと思います。

仕事をするには、「家事との両立ができるのか不安」「子どもを保育園などに預けなくてはいけない」「定員がいっぱいで保育園に預けれない」「少しでも子どもと一緒にいる時間を持ちたい」など、様々な理由から働きに出かけることに高いハードルを感じている、そんな方もおられるかもしれません。

もし、ちょっとした空き時間で副業できたらなと思ったことはありませんか?

実は、在宅でできる副業があるんです。

忙しく家で家事をこなしている主婦の方でも、1日の中でホッとできる時間がありませんか?

私の場合、子どもが昼寝をしている時間がそうでした。
一緒にお昼寝をしたり、家事をこなしたり、過ごし方は様々あるかと思いますが、その子どものお昼寝の時間はママ(主婦)の自由な時間でもあるのです。子どもが成長するにつれて、より自分の時間ができてきます。

もし、自宅にいながらスキマ時間に副業ができるとしたら?

どんな仕事か気になりますよね!

それは、、、ライティングでクラウドソーシングで仕事を得る働き方です。

ライティングの仕事を始めた頃の私は、パソコンを使うといっても、ネット検索や簡単な会計ソフトを入力するくらいで、ほとんど扱えませんでした。
しかし、クラウドソーシングには、初心者でもできる仕事がたくさんあり、たくさん書くことでライティングに慣れていきながら、仕事の獲得へと繋げていきました。

それでは、具体的にどのくらいのスキマ時間でどれくらい収入があったのかをお話したいと思います。

【時間】

私の場合、子どもが昼寝をしている時間がスキマ時間にあたり、1日トータルで2〜3時間ほどありました。それが毎日となるので、月で換算すると60時間以上はスキマ時間があるということになります。
正味なところ、その時間全てがライティングの仕事をしていたわけではないので、入稿納期を守りつつ、自分のできるペースで仕事をしていました。

【収入】

クラウドソーシングには、様々な単価の仕事があり、初心者の文字単価相場は1文字0.5円、1,000文字書けば500円という計算になり、始めた当初は月に1〜2万円ほどの収入を得ていました。
現在は、実績が上がり、文字単価1円〜の仕事をさせていただいているので、月に3〜5万円ほどの収入を得られるようになりました。

 

ここで、クラウドソーシングとはなんぞやと思われた方のために、少し説明したいと思います。

クラウドソーシングとは、

インターネット上で、企業が不特定多数の外部の人々に向けて、業務を発注することをいいます。

具体的にどんな仕事があるのかというと、初心者でもできるごく簡単なアンケートやタスク作業(簡単な入力とか)をはじめとして、ライティングや翻訳、プロフェッショナルの技術が求められる、webデザインやコンサル、マーケティング、システム開発など、多岐にわたる種類の仕事内容があります。

仕事の種類によって自分のペースで始められることから、主婦の方でもスキマ時間を使って仕事ができ、初心者でも取り組みやすい仕事もあるので、在宅ワークに導入しやすいのがクラウドソーシングの魅力です。

 

現在、移住アドバイザー兼ライターとして職場復帰をしていますが、今も休日や就寝前のちょっとしたスキマ時間を活用して、クラウドソーシングの副業も続けています。
ライターとして活動している私ですが、ライターという仕事は全くの初心者から始めたわけで、、、
なので、初心者からでもはじめることができる!というのを私の記事では皆様にお伝えしていければなと思っています。これから、毎月テーマを決めて、「主婦やママでもはじめられる副業のやり方」をお伝えしていきたいと思っています。

次回、どのようにライティングのスキルを身につけていったのかをお話ししていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です