トルコ餃子「マントゥ」作りに挑戦!〜トルコ在住歴ありの暮らしの学校メンバーに教えてもらいました〜

マントゥはトルコバージョンの小さな餃子のことをいいます。
作り方とその驚きの食べ方とは!?

トルコ料理は、世界三大料理の一つに数えられています。

正直なところ、トルコ料理って「ケバブ」以外に、どんなものがあるかピンときていない私でした。

なぜ、今回トルコ料理である「マントゥ」を作ることになったのかというと、、、
前回、暮らしの学校メンバーでキムチ作りをした時の事です。あるメンバーさんから「マントゥ」作りをしても楽しいかもね!と会話が始まりでした。なんと、そのメンバーさんのご家族がトルコに住んでおられ、多拠点生活をされているというのです。キムチ作りをしていて、マントゥ作りをしていたことを懐かしく思ったようです。

マントゥは、ご近所さんが集まって、ワイワイおしゃべりをしながら一緒に作る家庭料理の一つだそう。
茹でて、トマトソースやヨーグルトソースをかけて食べるというのが特徴との話。

え、、、餃子にヨーグルト!?

味の想像が全くつかない私ですが、知っている人は知っている「マントゥ」。さて、その作り方と食べ方とは?

recipe

トルコ餃子「マントゥ」

 

<材料(3〜4人分)>

牛肉ミンチ  200g

玉ねぎ    1/2個(すりおろし)

パセリ    片手にふんわり1杯(みじん切り)

塩                     小さじ1/2

クミン    小さじ1/2

コショウ   少々

【生地】

小麦粉    200g

たまご    1個

水      50ml程度

塩      小さじ1/4

【ヨーグルトソース】

ヨーグルト  500g

にんにく   2〜3かけ

【バターソース】

バター      40g

トマトペースト  小さじ1

赤唐辛子フレーク 小さじ1/2

乾燥ミント    お好みで

 

<作り方>

①生地の材料を混ぜて、まとまるまで捏ねてラップに包んで冷蔵庫で30分ほどねかせる。ベタつくようであれば少し小麦粉を足す。

 

②ねかせている間に、ソース作り。ヨーグルトにすりおろしにんにくを混ぜて、ヨーグルトソースを作る。バターソースは、鍋でバターを溶かし、トマトペースト、赤唐辛子フレーク、乾燥ミントを入れて混ぜる。(写真はバターソース)

 

 

③具の材料を全部入れてよく捏ねる。(玉ねぎは、みじん切りにしています)

 

④打ち粉をしながら、綿棒で生地を厚さ1〜2mmほどにのばす。

 

⑤ナイフで2.5cm四方に切って、その上に具を少しずつ乗せていく。

 

⑥四方を閉じる。(最初は難しいけど、だんだんと慣れてきます!)

 

⑦大さじ1の塩を入れたお湯で茹でる。浮かんできたら、お皿に取り出します。

ヨーグルトソース、バターソースをかけて、お好みでミント、赤唐辛子フレークをトッピング。

今回は、マントゥ以外にもザクロソースで和えるサラダボレッキも作りました!
トルコ料理を作ってみて、思ったことは味付けはとてもシンプルで塩のみ!料理には、スパイスやハーブがたくさん使われているせいか、味が薄いなどありませんでした。最初驚いていたヨーグルトソースですが、なんとも不思議なことに食べていても違和感なく、とても美味しくいただくことができました。新見で異国の料理が食べられるなんて、、、と、一人感動していたライターnamiでした。

トルコ料理を作る機会があるなんて思ってもみなかった私ですが、それを可能にしてくれたのが「暮らしの学校」

暮らしの学校は、地元の人、IJUターン者が興味のあるモノ・コトでつながることのできる住民ネットワークです。
今回のように、メンバーでの声がけにより「暮らしの学校料理部?」に波及するなど、暮らしの中に楽しいモノ・コトが増えることで、暮らしが豊かになるきっかけにもなります。

ぜひ、興味のある方は、新見市移住交流支援センターへご連絡ください♪

この春にはじまった「暮らしの学校」とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です