リノベーション体験談  〜工事を決めてから完成までのあれこれ〜 

築100年の我が家をリノベーションし、現在はとても快適な生活を送っているライターnami。
でもそこにたどり着くまでには、いろんな苦労がありました。

リノベーションは、5月のゴールデンウィーク明けから始まり、まるまる2ヶ月かかりました。
本格的な夏が到来するまでにと思っていたので、なんとか間に合った感じです。

今回は番外編として、工事を決めてから完成までのあれこれをご紹介します。

リノベーションに関する記事はこちら↓

築100年超えの古民家リノベ 〜二世帯が住む快適な住まいへ〜

 

設計会社との綿密な打ち合わせ

親戚が勤めている大阪の設計会社に依頼しました。

親戚ということもあって、年初めから希望としている間取りを伝え、壁紙・床のサンプルを借りて、ゆるりと決めていきました。

そして、着工の約2ヶ月前に、設計会社の現地確認と細寸、業者さんとの顔合わせ。

希望としている間取りは先に話していたので、そこから壁紙、浴室、キッチン、床材、照明などサンプルを見ながら、決めていくのに時間がかかりました!特に壁紙には苦労しました…何百種類とあるサンプルから気に入った物を選ばなくてはならないからです。さんざん悩んだ挙句、一番最初に目に留まった柄になりました。どうやら、みんな悩んだ挙句原点に戻るらしいですね(笑)

リフォーム前の引っ越し作業

一番体力を要したのが、片付け・引っ越し作業で、この作業に約1ヶ月ほどかかりました。
リフォームする場所を全て空っぽにしなくてはいけなかったからです。

今まで生活していた場所なので、たくさんの物があり本当に大変な作業でした。新品未使用の物はリサイクルショップに売りに行ったり、使わなくなった物は捨て、この機会に思い切って断捨離です!ゴールデンウィークギリギリまで片付け作業に追われました。

実は、ゴミを捨てるにもお金がかかるんです。使わなくなった布団、調理器具、タンス、食器類など、自分たちでゴミ処理場に持ち込む事で費用を抑えることができました。

清掃会社に依頼すると何十万もかかってくるところですが、自分たちですれば、とても安価に抑えられます。軽トラックいっぱい積んでいっても、何千円かです!そのかわり、時間と労力はかかります。

新見市のゴミの持ち込みについてはこちらの記事をチェック!↓

転勤、就職、入学、それから移住。落ち着いたところで、お片づけの時間です!!

リフォーム中は、仮設の生活

一番困るのは、お風呂と炊事! 工事中は家で料理をしたりお風呂には入れない??
そんなことはありません。事前に仮設のお風呂、炊事場を使えるように手配。リフォーム中でもあまり不便を感じる事はありませんでした。

お風呂

五右衛門風呂サイズの浴槽がついた1畳ほどの簡易風呂をお借りする事ができました。脱衣所も解体した廃材で作ってもらい、野外風呂の完成です!レンタル料は発生しますが、お風呂があるのとないのとでは大違いです!
時には、近くにある神郷温泉に行ってゆっくりバスタイム。

炊事

我が家は特殊で…炊事場付きのプレハブが家にあり、電気・水道は通っているので、ガスの移設をする手続きをするだけで、雨風がしのげるプレハブがダイニングキッチンの役目を果たしてくれました。

一般的には室内や軒下・ガレージなどで、卓上のガスやIH調理器を使われているようです。食器洗いが困りそうですね(汗)

任せっきりとはいかない!業者さんとの付き合い方

設計会社が遠方なので、業者さんは近隣で手配しなくてはいけませんでした。知り合いを通じて、設備・電気・塗装・解体は新見市内、大工・内装は隣町の鳥取県、と県境ならではの業者手配となりました。

着工から完成までの2ヶ月、工事内容によって来られる業者さんが入れ替わり立ち替わり。中でも、作業の多い大工さんとのお付き合いが長かったですね。

大工さんの朝は早く、8時までには来られて作業開始し、10時・12時・15時に休憩をします。義務ではありませんが、お互い気持ちのいい時間を過ごすためにも、10時と15時にはお茶とお菓子の準備をしていました。一緒にお茶をして、世間話をしたり団らんして、大工さんとの良好な関係が築けたのではと思います。しかしそれも出費、2ヶ月分なのでトータル1〜2万円はかかったかもしれません。過度にする必要はありませんが、お互い気持ちいい関係でいるには気持ちだけでもするのがオススメです。

まとめ

ひとことでいうと、疲れました。

出来上がりが楽しみな反面、生活は不便を感じていましたし、工事期間中の細かな打ち合わせは直接していました。家の中は工具がたくさんあったので、子どもはずっと外で遊ばせるなど、日中はゆっくりできる場所がありませんでした。おかげで母子ともにこんがり日焼け肌です(笑)

しかし今となっては、いい思い出。リフォーム後の我が家は快適そのものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です