主婦がスキマ時間で得られる収入はどれくらい?

スキマ時間の有効活用で、お小遣い稼ぎ!
副業で稼いだ収入で、自分へのご褒美を☆

 

クラウドソーシングを始める上でのノウハウは、だいたいご理解していただけたことと思います。

働く場所を選ばないライターの仕事は、自由な時間に自由な仕事量で働くことができるので、最近では人気のある働き方となっています。

スキマ時間を利用して、自由に働けるという面でライターを始める主婦の方も増えてきました。いろいろな環境があるかと思いますが、大なり小なりスキマ時間は必ずあります。そのスキマ時間を利用すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎになりますし、今後在宅ワーカーとして、ライター業で活躍することができるようになるかもしれません。

ただ、スキマ時間でどのくらいの収入を得られるのか、気になるかと思います。

もちろん、働くペースや単価で変動するので、一概には言えませんが、、、

自宅にいながらスキマ時間を利用するだけで、ちょっとしたお小遣い稼ぎになるのは間違いありません。

今回、ライターnamiが実際に1ヶ月間、どんな内容で、どのくらいのペースで、どのくらいの収入を得たのかを例にとって紹介したいと思います。

どんな仕事をしている?

前にも言いましたが、仕事の内容によってボリュームや単価が違うため、あくまで参考程度に読み進めてみてください。

 

あまり細かな仕事の内容は書けないのですが、今回は継続的にしている仕事を例にします。

その仕事はどんな内容かというと「商品を紹介する記事作成」です。

クライアントから、プレスリリースが送られてきて、それを参考に商品を紹介するというものです。雛形は決まっているので、雛形に沿って商品詳細と商品がどういったものかを自分なりの言葉でライティング。作業ベースは、クライアントが運営するワードプレスに直接、雛形通りにライティングをしています。

一見、馴染みのない商品を紹介するのは難しそうにも思えますが、基本的にはプレスリリースに書いてあることを、雛形通りにライティングしていくのが主なので、ほぼ知識を必要としません。ただ商品を紹介する際の言い回しや表現力については、多少のスキルは必要かもしれません。

 

どれくらいのペースでどのくらいの収入?

 

そして気になるのが収入。
私がしているこの仕事は、文字単価ではなく記事単価で報酬をいただいており、1記事約500円程度です。

文字数だけで言うと1,000文字以上はありますが、ほぼプレスリリースをコピペして、自分なりの言葉で装飾していくだけなので、1記事約30分ほどで完成できるものが多くあります。

私は、隙間時間で無理のない程度でしているので、不定期で1日に1〜2記事ほどと、ゆっくりなペースで作業をしています。クライアントもライターの生活ペースに合わせて仕事を依頼してくださるので、無理なく続けられています。

 

例えばですが、1記事30分で書けるとして2時間のスキマ時間があったとしたら、時給1,000円といったところでしょうか?それを毎日したら、月に60,000円の収入になる計算になります。

そう思うと、そこそこ良い収入にはなりますよね!
その得た収入で、美容院へ行ったり、家族で食事をしたり、ショッピングしたり、毎月頑張った自分へのご褒美として色々と楽しむのも夢じゃありません☆

まとめ

あとはその一歩を踏み出すだけです。

主婦は、家事など家のことをしていると忙しくて、副業なんてなかなかできない!
と思うのではなく、ちょっとのスキマ時間を有効活用して、少しでもお小遣い稼ぎができたらいいな〜とプラスに考えて、ぜひトライしてみてください。

自分のペースで仕事をして、得た収入は、ぜひ頑張った自分へのご褒美として楽しんでみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。