子育て広場へ遊びに行ってきました♪

新見の子育て

以前、子育て広場の紹介記事を書きました、namiです。
移住したら子育てが不安…そんな不安を解消してくれる「子育て広場」とは?

子育て広場は都市部で言うところの児童館の役割に近いですね。
調べて知識はあったものの、実際に利用するのは初めてです。広場の先生方やママさんとの交流を中心に広場の利用についてお話ししたいと思います。

私は以前、哲多の総合センターで働いていました。そこでも子育て広場が開設されていて、子育て広場のことは少なからず知っていました。先生が出勤されている日は、未就学児の親子がたくさん来ていて、とても賑やかな声がしていました。時には、一緒に広場の行事のお手伝いをしたことも。小さな子供同士が仲良く遊び、ママ同士でも会話が弾む。とても楽しい雰囲気で私もいつかは利用したいと思っていました。

友達の輪

そして、いよいよ”子育て広場デビュー”となりました♪

初めての子育て広場は、馴染みのある哲多総合センターにしました。私が住む神郷からは、山道を越えれば15分ほどで行くことができます。新見市街地からも近いため、他の地域からの親子連れの方も多いそうです。午前中に行った時は、私を含め4組の親子が来館しており、おもちゃ遊びができるくらいの子供が多かったです。広場には、大きな布製のブロックや乗り物があったりなど、たくさんのおもちゃや絵本があります。うちのベビーが遊ぶにはまだ少し早いですが、少し大きな子は子供同士や先生と一緒にのびのびと遊んでいました。そして、先生によるパネルシアターの披露があり子供たちは楽しそうに見ていました。

私の近所には同い年の子供がいないので、家の近くで子供同士が遊ぶことはできませんが、それが子育て広場では可能です!家ではなかなか遊べない遊びもここでは出来るので、子供にとって良い場所ですよね。そして、ママにとってもママ友を作る絶好の場なのではないでしょうか。

田舎子育て ここがポイント!!
お家や近所だけだと、なかなか同世代のお友達に巡り会う機会がありません。ここはもう、同世代のママが集まる子育て広場に行くべきです!新見で子育てという繋がりで一生のお友達ができるかもしれませんよ♪

新見市には、にこたん、哲西、神郷、哲多、大佐と5ヶ所の子育て広場があります。広場の利用方法は、開設日であれば出入りは自由、午前中だけ、午前〜お昼ご飯を食べて帰る、最初〜最後まで。など自分や子供のペースで気軽に参加することができます。行事によっては材料代などが発生する場合もありますが、基本無料で1日遊ぶ事ができます。広場で開設日が異なりますので、新見市HPでご確認くださいね。

新見市HP子育て広場のご案内

各広場で月ごとに行事が計画されており、工作をしたり散歩をしたり、夏には水遊びなど季節に応じた遊びが盛りだくさんです。行事は子育て広場へ行くと、各広場のチラシがあるので参考に、いろんな広場を訪れてみるのも楽しいかもしれませんね。これから私もいろんな広場を訪れてみたいと思います。

工作

初めてで一人では行きづらい方もいるかもしれませんが、他のママさんに誘ってもらったり、時にはパパさんが子供を連れて来たりなど、ひょっこりと訪れる方もいるそうです。それでも、行きづらいなという方は私に相談を。是非、一緒に行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です